完成までの流れ | 愛知県知多市を中心に岐阜、三重、静岡の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はインクスへ

完成までの流れ

お問合せ~契約・着工まで

お問い合わせ

まずはお電話もしくはお問合せフォームからお住まいの状態やお困りの事、何でもお気軽にお問合せ下さい。

建物診断

プロの塗装スタッフが直接お伺いして確認させて頂きます。ひび割れ、塗膜の状態など、建物の状態を細かく調査致します。その際ご要望、不安に思う事などお聞かせ下さい。

見積り提出

調査した内容をもとに、見積りを提出致します。

その際に調査の内容、見積もり項目、塗料の種類や施工スケジュールについてじっくりご説明させていただき、お互い納得のいく契約をしたいと思っております。

契約・最終色合わせ

お見積り、プラン内容にご納得いただきましたら、契約となります。

近隣へのご挨拶

工事開始の数日前までに、工事期間などを記した案内と粗品を持って近隣を回ります。

外壁工事の際に近所の家に塗装や傷がつかないように、カバーをする場合があります。

もし、必要な場合はその説明とお願いも合わせてします。すべて当社が承りますのでお任せください。

着工~完了まで 工事の流れ

足場・高圧洗浄

まずは仮設足場を組みます。作業性の良い足場を架けることにより、職人の安全性が保たれ塗装の技術を余すことなく発揮することで高品質な施工が出来ます。

また、近隣へのご迷惑にならないように落下物の防止や水・塗料の飛散防止のためにも養生シートを設置します。

外壁や屋根などの塗装する面に付着した汚れや、藻、コケ、カビなどをキレイに洗浄します。

塗装の質(耐久性)に大きな違いが出ますので、高圧洗浄機でしっかりと汚れを落とします。

※大切な下処理の一部で処理が不十分だと、塗り替え後のハガレなど、不具合を起こす原因となってしまいます。

外壁塗装

シーリングの打ち替え又は増し打ち、その他下地補修

サイディングの目地や、モルタルヒビが再発しないように、塗り替える前にしっかりと補修します。

またすみずみまでチェックし、シーリングの状態に応じて打ち替え、増しうちを施します。

この下地処理の過程は仕上がりを左右するので、しっかり丁寧に行います。

※打ち替えとは、既存のシール材を除去して新しい材料を注入することです。奥まで全部が新しい材料になるので、耐久性ばっちりです。

増し打ちとは、既存のシールの上に載せる方法です。劣化がひどくない場合に行います。

下塗り・中塗り

下塗りのおもな役目は、その上から塗る塗料をはがさせないように接着させることです。

塗膜に厚みを持たせるために中塗りをします。ヒビの多い壁は、より厚みを持たせてひびを防止するドロドロとした塗料で塗り替えます。

上塗り・付帯部塗装・仕上げ

最終仕上げで更に美観を高め強度を強めます。外壁が仕上がってから付帯部の塗装をします。

外壁は3回塗りの3層仕上げをおこないます。

屋根塗装

下地処理・下塗り・中塗り

スレート瓦にはシーラーを塗り、鉄部の部分には錆止め塗料を使います。異なる素材にはそれぞれ適した材料を塗ります。さらに、トタンのつなぎ目部分などのシール部分を全て打ち替えていきます。
屋根の場合も外壁と同じで、中塗り・上塗りは同じ材料を2回塗りします。

上塗り・仕上げ

熟練職人の技でじっくり丁寧に仕上げます。

下塗りと中塗りは塗膜の強さを重視し、上塗りでは仕上りを重視します。

足場解体・完成

いよいよ工事完了です。養生を外し、仕様書と照らし合わせながら仕上がりを確認します。

この段階で、仕上がりなどで満足の出来ないところは業者とよく話し合い、必要なところは手直しします。最終チェック終了後に足場を解体します。