東海市 O様邸の施工中をみてきました。 | 愛知県知多市を中心に岐阜、三重、静岡の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はインクスへ

ブログ

ホーム > ブログ > 東海市 O様邸の施工中をみてきました。

ブログ

東海市 O様邸の施工中をみてきました。

こんにちは、知多市にて外壁塗装・屋根塗装をご提案しています

株式会社インクスの山本です。

 

最近一気に寒くなりましたねー。

昨日まで風が強かったですが、本日は穏やかな天気で日なたは暖かく感じます。

インクスのお客様感謝祭は思った以上にご来場を頂き驚いています(汗

ショールームでの対応は女性スタッフに任せて施工現場へ行ってきました。

 

先日からスタートした 東海市O様邸(トヨタホーム)は、昨日に下塗りを終え本日は中塗りをメインで施工中です。

屋根は露が降りて湿っていたため無理に屋根の施工をせず乾燥を待つ計画で進んでおりました。

屋根の下塗りを完了し水を弾くため露が乾燥しにくくなっているので、送風機で水を散らしておきました。

『これで少しは早く乾く!』少しは施工の役に立ったと・・・自己満足ですけど(笑

その屋根の様子がこちら↓

赤色の部分は、錆止め塗料です。スレートと金属は素材が違うため下塗り塗料を塗り分けます

仕上げ塗料を塗れば分からないですが、インクスでの施工は当然塗り分けます。

 

外壁は下地調整剤の下塗り材のフィラーを塗布しています。↓

施工が甘いとムラになりやすい塗料ですが、しっかりと塗布されていて中塗り・上塗りへの条件を完璧に整えています。

旧外壁色と比べるとフィラー(白)がしっかり塗られているのが確認できます。

上塗りを塗布してしまえば、施工内容を確認することができないこともあり、いわゆる『手抜き』を見抜く事が難しい工程です。

どうしても信用の出来ない業者で施工をしなければならなくなった場合は、『中塗りの前に目視にて確認』すると良いかもしれませんね。

 

では最後に外壁の中塗りの一部をご紹介!!

今回は外壁の色を2色に分けるマルチカラーです!!仕上がりが楽しみですねー。