マンション外壁タイルの浮き 剥落の危険性 | 愛知県知多市を中心に岐阜、三重、静岡の外壁塗装、屋根塗り替え、雨漏り修理はインクスへ

ブログ

ホーム > お知らせ > マンション外壁タイルの浮き 剥落の危険性

お知らせ

マンション外壁タイルの浮き 剥落の危険性

おはようございます。

株式会社インクスの中野です。

 

梅雨入りしたと発表がありましたが全然雨降りませんね(^^;)

 

さて、早速ですが今朝の中日新聞に外壁タイルの浮きに

ついての記事が掲載されていました。

 

外壁タイルが剥がれ落ち、通行人にあたってしまう等の事故が相次いでいるそうです。

外壁タイルが浮いているかどうか、見た目ではわからない部分が多いです。

2008年に国土交通省が湿式工法の外壁タイルは10年ごとの打診検査を義務化しています。

浮きの原因として劣化以外に施工不良の可能性もあります。

 

弊社でも最近アパート、マンションの診断調査のご依頼をいただいております。

外壁タイルの場合、地上から届く範囲で打診検査を行っております。

剥落事故を防ぐ為にも、外壁のメンテナンス、調査を定期的に行うことを

おすすめ致します。

 

タイル以外に鉄筋コンクリートの場合も爆裂等による

コンクリート片の剥落等も起こるケースがあります。

 

 

躯体を守るために外装のメンテナンスはとても重要になります。

 

外装で気になることがあれば何でもお気軽にご相談下さい。

 

外壁塗装 外壁タイル浮き・剥落 打診検査